Apr 27, 2016

4/27


梅と桜が同時に見られるこの土地。

いま、どこもかしこもピンクと黄色。

下はタンポポ、水仙、レンギョウ、芝桜、野木瓜、菫、
上を見上げれば桜に紅白の梅、ミツバツツジ…

あ〜… 
天国ってこんな感じかな〜…

と、シートを広げ毎日のようにピクニックしています。



さて!
毎日、ぼ〜っとはしていられません!

長野県伊那市の草の音さん
『HANA展』に参加させていただきます。

色んな人の色んな形の「HANA」が集うそうです。

いきた〜い!

みなさまもぜひ ^^

Apr 26, 2016

4/26


さてさてその後のミソサザイちゃん

なんとかお嫁さんをもらえたようです。


巣作りがはじまって20日くらいたったある朝、
積んであるキルトから綿を引っ張りだして
巣に運んでいるおミソちゃんを目撃!
(写真左下のえんじ色の部分。もしょっと出ている白いのが綿!)

ミソサザイの場合、
巣の内側を作るのはメス。

…と言うことで、どうやらお嫁さんが来てくれたようです。

よかったね☆
オスのおミソちゃん!

でも、おいおい、
キルトをむしっちゃ困るよ〜

で、手芸用の羽毛があったのを思い出し
そっと置いてみた。


次の日、あ!ない!
羽毛がきれいになくなってる!

あ!!
巣の中見てー!あるよ〜!

そしてまた夕方、調子にのって更に羽毛を置いてみる。


あ〜っ!
増えたよ、増えた!!

人の手は貸しちゃいけない…
と思いつつ、貸しちゃいました。


内側が完成したら産卵です。
あ〜ドキドキ☆
たのしみです!


Apr 22, 2016

4/22


夕方、葉わさびの出荷を終え、
じーじに教えてもらった山野草のお店
「日達園芸」さんへ。


その品揃えはたまらないものでした。

1000種類以上の山野草があるそうで、
今は梅花カラマツ、イワカガミ、スミレ、雪割草、
春2、3番目くらいに咲く小さな植物が所狭しと。

右見たり、かがんだり、覗き込んだり、
目移りしまくり。



お店の奥にはぐーちゃんというワンちゃん。
とってもなつっこいぐーちゃんは息子の相手をしてくれて
私はゆっくり花を物色 ^^

今日は一重の桃色サンギナリアカナデンシスと
紅花南山スミレの「紅ヅル」を譲って頂きました。

庭で繁殖してくれますように。

Apr 21, 2016

4/21


この可愛らしい白い花、
何の植物かわかりますか?



庭は今、葉わさびが真っ盛り!

葉わさびが茂るこの季節になると
ここへ越してきた頃を思い出します。


こんもりとした緑が年々広がっていく葉わさびの群生、

柔らかい葉と花芽、
水をたっぷり含んだ茎ごと採って
葉わさび漬けを作ります。


今年は私が担当。

辛みが出れば成功との事…

まずは手探りで作ってみることに…

手でちぎって、塩で揉んで、ギュッと絞って…


我が家の食卓に並ぶと
あっという間に完食!

大成功〜!!


次の日には旦那さんの会社へ持って行く分、
また次の日には実家やおばあちゃんに送る分、

日に日に作る量が増えていきます。

ツーーーン!!!
と、たまらない辛み。
(鼻に釘を刺したような !!*0*!!)

山の春、おすそわけ。

Apr 17, 2016

4/17


ご出産のお祝いにと頂いたオーダー、
マーガレットのネックレス。



どこか陶器のイメージを持って彫った今回のマーガレット。

仕上げは花びらの当たる所だけ艶を出して、
馴染みの良いように、
落ち着いた雰囲気を持たせました。




裏にはお子さんのお名前にちなんだ彫刻と
大切な日付けを刻んで。


ご出産記念の物に特に意識するのは、
無駄を削ぎ落としたシンプルな物にすること。

言葉じゃうまく言えないのですが、
それは、母になると、
大切な、必要な物がはっきりしてきて
結局はシンプルにたどり着く、
そんな瞬間があるような気がします。

お子さんへ継ぐことや
長く愛用してもらいたいのはもちろんですが、
どんな時にもその人に添うように。

Apr 15, 2016

4/13


ちょっと寄った先で頂いた筍のおむすび。

こんなふうにおもてなしされたら
心をギュッと掴まれてしまいますよね♥



あー!
手、拭いてからでしょ〜!

むすこは筍が大好物^^


青空の下で頂いたキッラキラの筍。
本当に美味しかった〜!

Apr 13, 2016

4/12


いつものように諏訪方面へ車を走らせていると、
わあぁぁぁ!!!
川沿いの水仙と桜が満開じゃないか!

思わず、マレットゴルフの駐車場に車を停めて
時間と花粉症を忘れてはしゃいでしまいました。



この黄色い絨毯。
映画、Big Fishを思い出さずにはいられない…

この後、川の向こうのすすき林から
じーっとこちらを見ているキツネに遭遇。

ここにはまだ自然が残っているんだなぁ。



我が家の庭も、秋に植えたクロッカスが満開。

この極寒冷地にも期待を裏切らずに咲いてくれました!

球根植物は丈夫だな〜
冬の寒さを耐え忍ぶ我慢強さをもっているんだから。

今年の秋もたっくさん植えよっと♪



さてさて、
巣作り4日目。


5日目
おお!丸くなった!


6日目
お〜!入り口が狭くなってきた。


7日目
細い枯れ枝を上手に丸くするんだなぁ。


フラッシュをたいて撮ったら、巣の中まで見えた!
奥の壁まで苔が敷きつめられてる〜


ミソサザイのオスは、自分の縄張り内に2つ以上巣を作るそう。

うちのおミソちゃんも見かけない時間帯があるので、
そんな時はきっともうひとつの巣を作っているんじゃないかな。

撮影はその時を狙ってます^^

Apr 10, 2016

4/10


山の上はまだ寒々しい景色だけど
街に下りるとこんなに春!




ピンクに黄色に紫に赤…



あっ!
水芭蕉の花!!
が、咲いてる〜♪



春に手が…


届いたっ!

おとなもこどもも春にうきうきしています♪

Apr 8, 2016

4/8


我が家に珍客です。

ここは階段の横にある収納場所の天井。

ずいぶん近くで鳥の声がするなぁと思ったら、
おや、苔がもさもさと…

ふすまを開けてそ〜っと覗いていたら
なんと、ミソサザイが出入りしています。
巣作りを始めたみたいです。


ミソサザイはスズメよりも小さい小鳥。
全身茶色で地味ですが、
囀りは他のどの鳥よりも美しい。

こちらで鳴き声が聞けますよ。
サントリー「日本の鳥百科」



巣作り開始1日目。


2日目。


3日目。
おお〜!丸くなってきた〜!


ミソサザイはオスが巣の外側を作り、
それをメスが気に入ったら
羽毛などをいれてメスが内側を作るそう。

そう、今この巣はオスが外側をせっせと作っているところ。

でも、ここは頻繁に私たちが通る階段の横。
そして犬も子もいて騒がしい我が家。

通るときには驚かさないよう
「お〜い、おミソちゃ〜ん、通るよ〜〜」
と一応声をかけて。

果たして、こんなへんぴな場所に
お嫁さんは来てくれるのでしょうか。

Apr 7, 2016

4/6

頭の中、恐竜だらけの2歳半の息子くん。

ある日の夕方、
お昼寝から起きると夢で見たお話をしてくれました。

それはトリケラトプスの赤ちゃんと出会う話。

あまりにも可愛くて、
母はその場で「絵本書いてあげるね!」
と、約束してしまいました。




それで、描いた絵本がこれ。

そしてこれは絵本にちなんで作った恐竜クッキー。


え〜と、
アマルガサウルス、フタバスズキリュウ、
パラサウロロフス,
大恐竜時代へgo!のアンディ…




マニアックな恐竜のリクエストにより
これは数回しか使わないだろうと言う事で
型は手作りすることに。

アルミ板で作ったクッキー型は、
ひとつ破損(と言ってもボンドが外れただけ)したものの、
意外と丈夫。

まだ何回か使えそう。


変にこだわりの強い母が
息子のためにがんばった(楽しんだ)作品でした。

思い出に残りますように。


***

手作りクッキー型の作り方

<用意するもの>
0.3mm厚のアルミ板
瞬間接着剤(水に強い強力タイプ)
作りたい物の下絵
洗濯バサミ
カッター

<作り方>
カッターでアルミ板を2cmの幅に切る。
下絵に合わせてアルミ板を曲げて行く。
この時、角は定規、丸みはペンの持つ所などを使って整形すると良い。

接着面1cmくらい残してアルミ板をカット。
瞬間接着剤で接着。
乾くまで洗濯バサミで留めておく。