Jun 23, 2015

6/23


小さな小さなりんごを彫りました。

そこには花も咲いています。



オーダーは、
りんごの花と実と葉のネックレス。

「実は控えめで花がメインで」
とのことでした。


花の後に実がなる果実。

まれに花が残っていて、
ふくらんだ果実に付いている姿が見られます。

それは奇跡のような姿。

とてもかわいくて
大事に大事にしたくなります。


そんな気持ちを込めて、
細い金のチェーンに赤い実を通しました。

Jun 19, 2015

6/19


トゲトゲした葉が茂り
その先のふわっとした花を未だ見せてくれないノアザミ。

庭のノアザミは1mを越したでしょうか。
毎日背丈が伸びている気がします。

花は雨を蓄えて、
梅雨があけるのを待っているのでしょうか。




こちらはアザミにそっくりな
「キツネアザミ」



花がアザミに似ていて騙された
と言うことで「キツネアザミ」

宿根ではないので、ここに咲いているのは今だけ。

来年もどこかで会えるといいな。

Jun 17, 2015

6/17



お子様のお名前にちなんだ花を
ダーズンローズの指輪のように…

そうオーダーを頂いて、ランダムに、
ひとつずつ違う蓮と立葵を彫りました。




連なる花は、いくつ彫っても
花冠を作るようにわくわくします。



そこに、ご要望の薔薇をひとつだけ入れました。

なんとなく、その薔薇がお母様ご自身のような気がしたので、
左に蓮、右に立葵と
薔薇を囲むように彫りました。


お母様の、子どもたちを想う気持ちがいつもここにあります。

Jun 8, 2015

6/8


数週間、家を空けることがあるので
ここはやはり地植えを選択。

陽当たりと作業場から見えることを考えて選んだ場所。

そして鹿避けネット。



ネットの中には
左から斑入りのタイム、エーデルワイス、
アナベル、その向こうにある葉がシルバーベル。

岩の上はひとまず避難したすずらんと梅の木。

ネットで風情なしなのが残念です。

だけど土いじりは満足感があります。


庭仕事中、聞こえてきた鳴き声。
ピチチチチ!チチチチチ!

ごはん、ちょうだい、ちょうだい!

アカゲラの卵が孵ったようです。

近づくと警戒するので、精一杯のズームでパシャ!
わかりますか?
画面中央の白樺にとまる親アカゲラと、
その少し下にある丸い穴が巣です。


巣には、きっとこんな可愛いヒナがいます。
(またもや画像拝借です。)

Jun 6, 2015

6/6



久しぶりに買い込んだ(と、言うほどでもないですが)鉢苗。

身重になってから園芸は遠ざかり、
そして、ここはなんと言っても鹿の通り道!

何を植えても数日後には丸坊主!

先日は、頂いたばかりの富士見のすずらんを丸坊主にされました。

え!?
有毒でも食べちゃうの!?

…そうみたいです。


だけど園芸屋さんで出会ったこのアナベル。
しぶ〜いピンク…
どうしても手放せませんでした。



それからシルバーベルとエーデルワイス。


エーデルワイス「エベレスト」
きっと、この土地によく合います。


洋種の蛍袋「 シルバーベル」
咲いた様子はこんな感じ。
(まだ苗なので花の画像はお借りして…)


どれも寒さに強い品種です。

問題はそう、鹿避け。
頭を抱えてしまう課題です。

Jun 2, 2015

6/2


その昔、
外国からの荷の詰め物として使われていたことから
名前がついた「シロツメクサ」




買い物の帰りに立ち寄った公園の
シロツメクサとムラサキツメクサの絨毯。

転んでも痛くない、もさもさの絨毯。


たくさん摘んで、
茎の長いのできゅっと結んだら、



ほら、
ブーケのできあがり。

蜂がむらがる甘い香りがします。


Jun 1, 2015

6/1


安曇野の「大王わさび農場」に行ってきました。

そこにあったのは、吸い込まれそうなほど綺麗な川!

本当に、本当にきれい。



そして圧巻の…

黒い遮光ネットの下はみ〜んなわさび!
日本一のわさび農場です。



わさびにとって、安曇野の寒暖の差が最適だそう。

北アルプスの湧き水100%で育つわさびは
コクがあってまろやかでしっかりした味だそうな。

ゴクリッ…!



それから美しい景色に囲まれて、
いちばん気に入ったこの場所でお昼ごはん。



畑を囲む楓の木漏れ日に敷かれた
アカシアの絨毯はふかふか。

5月に満開を迎えて散った、
ちょっとシャビーな色合いの絨毯が気に入りました。






美しい自然。
どうかずっとこのままに…

次回はうわさの国営の温泉に入ってみたいなぁ。