Nov 28, 2014

11/28



リース展に出かけてきました。

階段を上がると3階一面にディスプレイ!



100点以上のリース。

草花だけじゃなく、
ガラスや木片、色んな素材。

輪っかだけじゃなく、
三日月型、縦長、横長。






この冬からラーラも草の音さんに常設させて頂くことになりました。

ただ今、作品を制作中です。
 


お昼に寄ったレトロなパン屋さん。







お味も昔懐かしい、そんな優しいパンでした。



せっかく伊那まで来たので、グリーンファームにも行ってきました。

たまたま開催中だった骨董市。

火鉢や臼、箪笥に紛れて、
目に飛び込んできたのは、
塗装のはげたかわいい木馬!

おじさん、これくださ〜い!

ゲットです。

2階のコマ書店には、選りすぐりのいい絵本が沢山あります。
その中から4冊、お義母さんが息子に選んでくれました。

「お孫さんですか。楽しみですね。」

コマ書店の可愛いおばあさんの一言が
幸せなひと時を丸く包んでくれるようでした。

Nov 25, 2014

11/25


草の音の『リース展』に参加します。

作ったリースは小手毬のリースのバングル。


クリスマス向けのリース…
もちろん考えましたが、
着けられる時期を限定してしまいそうなので。

ふんわりと軽い、雪玉のような花々を咲かせる小手毬にしました。



素材はラーラでは初めてのシルバーです。

よくアクセサリーに使われるシルバ―より純度が高いので柔らかめ。
手で曲げられる柔らかさで、着けやすくなっています。

リース展は27日から。

100点のリースが並ぶところ、見てみたい!
私も初日に伺おうと意気込んでいます。

●●●


Nov 19, 2014

11/19


展示会でご注文を頂いた
ワイルドストロベリーの指輪です。

もともとブレスレットとピアスで作っていた野いちごシリーズ。




こちらは絵をつけたオーダー。



お手持ちのダイヤのネックレスに合わせたいと
こちらはチャームのオーダー。



ネックレスのオーダーも頂きました。

小さな5枚の花弁を持つバラ科の花。

小さくても、柔らかくやさしい、
豊かな雰囲気が漂います。

Nov 15, 2014

11/15


5ミリ厚の板から彫りだしたバングル

11月27日から草の音で行われる
「リース展」に出す作品を制作中。


作家さん1人につき1点、
100点以上のリースが並ぶそうです。

Nov 12, 2014

11/12


男性への贈り物のオーダー
「どんぐりのピンブローチ」です。

なんてオシャレなプレゼントなの!

嬉しくなって、色々な服装を思い浮かべて作りました。


メルトンのコート、ツイードの襟元、
フェルトのハット、
ざっくり編まれたニット、

丸眼鏡とも相性がよさそう。

素敵ですね。


先日行った熊の食卓で、
ピンブローチにそっくりなどんぐりを見つけました。

かわいいどんぐりを見つけると
ついつい拾ってしまいます。

Nov 10, 2014

11/10


展示会でオーダー頂いた、蓮と立葵の指輪。

お子様のお名前にちなんだオーダーでした。


凛として、神さまが小池に浮かべたかのような蓮。

夏の日射しに向かってすくっと元気に、
柔らかく優雅な大輪の花を咲かせるタチアオイ。


それぞれはっきりとした、全く違う印象の植物。


迷って、迷って
なにかひとつ見えてきた共通点は「柔らかさ」でした。

深いブルーの池に浮かぶ白い蓮、
陽に透ける大輪のタチアオイ、
抽象的な絵画のような指輪に仕上げたいと思いました。


大自然の雄大さを、
小さな小さな指輪にするのはとても困難ですが、
植物を、
それぞれの想いと一緒に身近に感じてもらえるような
そんな物を作りたいと思っています。

Nov 3, 2014

11/3


その「赤さ」に思わず車をとめて立ち寄った長円寺。



秋の澄んだ青空に
浮かぶように並ぶお地蔵さん。



夜にはライトアップされるそうです。
また来年みんなで来ようね。

11/2


展示会当日も、ハーバルノートの庭のあちこちに咲いていた勿忘草。

みなさん花を摘んでは指に置いたり、耳にあてたり
窓辺の展示会場が、まるで庭までつづいているようでした。



小さなブルーの花の裏には
「forget me not」


小さなものが囁きあうように集まって咲いている姿、
勿忘草そのものを表現したくてこの形になりました。


次回は蓮と立葵の指輪をご紹介します。