May 28, 2012

5/28


バイブリーは小さな村で1時間ほどで歩いてまわれた。



時差ぼけで早朝に目が覚めると、
辺りはブルーグレーの霧が芝生の上にかかり
鳥の鳴き声と小川の流れる音しかしない。
人はまだ眠っている。



きれいな水は青々とした藻まで見せ、まわりの木々が写り込む。
川がみどり色をしていた。




いつかバイブリーコレクションを作りたいな。

May 25, 2012

5/25


N.Y.へ移住することになった友人が
引っ越し前にお家に招いてくれました。


出会いがあれば、別れの日もやってくるんだ。


いつか夫婦でカフェを開きたいと言う結婚をひかえた女の子、
北海道で飲食店を夢見る夫婦、
ひとつ夢を叶えても、次の夢へと意欲の尽きないカッコいい人、
環境を変えてチャレンジしようとしてる人、
目標を見失わないでずっとコツコツ続けてる人。。。

みんなそれぞれの場所で目標に向かって頑張ってる。

別れはさみしいけれど、
遠く離れたところであの人が頑張ってるって思える。
あちこちに仲間がいるみたいに。


わたしも引っ越しを控えてそんなことを思いました。

そして離れてしまう友人や家族が、
手紙を読むように
このブログを開いてくれたらなと思っています。

May 23, 2012

5/23

ヤハラのブログを見た方から、
結婚式のプロフィールムービーを頼まれました。

スライドショーを私が作り、
そこにヤハラのイラストのショートストーリーを盛り込む。

もとは、自分の式に流した旦那さんと作ったムービーをヤハラが気に入ってくれたのが始まり。
それでヤハラの式に、イラストを入れて作ったのでした。



こちらはヤハラの。
加藤登紀子や手嶌葵と言うしっとり系を希望したヤハラでしたが、
ふたりに合わせてポップな印象に仕上げました。
ちょっとサプライズなところが気に入ってます。



わたしの。
思い出深いです。


これから結婚される方や、
子供の成長をムービーで残しておきたい方、
また思い出をプレゼントしたい時など
ご要望がありましたらぜひ☆

mail☆ra-la.jp
(☆をアットマークに変えて下さい)
または、kanaharanishi@icloud.comまで

May 21, 2012

5/21


Cotswolds Bibury

昨年6月下旬、
コッツウォルズのバイブリーで
もう種を飛ばした後のスミレの群生と出会った。
たったひと粒だけ種を見つけられた。
弾かれずに殻の先に残っていた種だった。



そして春を迎え、小さな殻をやぶって芽を出した。
葉に残る殻帽子。
どんなスミレが咲くのかな。


May 20, 2012

5/18


こんにちは 六花ちゃん

愛のこもった、とっておきの名前をつけてもらったね。
一番初めのプレゼントって言うものね。



私はそれを形にさせてもらう。
永く永くつけてもらえることをまず一番に考えて。

素材、
それからデザイン。

物心ついた時から、年を重ねてもつけられるように
六花ちゃんのそのまた子供にも渡せるように。
どんな服装、どんな年齢でも着けられるように。

だけど付けていると、少しはっとするデザイン。



だけど今回のお母さん
Tシャツ着てたって、なんて華のある!
はっきりした顔立ちで、アクセサリーなんて着けなくても十二分に美しいの。
今回はそこにも苦労しましたよ。

そんな六花ちゃんのお母さんは耳かき職人です。

May 15, 2012

5/15


梅雨色


May 11, 2012

5/11


— 手漉き和紙 —

糸を編んだレースのようで
触れると布よりもしなやかだった。

楮を原料とするこの手漉き和紙は
1枚1枚、職人の手で漉きあげられている。

宝飾を包むのに使いたいと思った。

May 8, 2012

5/8



今回はパンジーの指輪を作っている、パンジーちゃんのお宅に集まりました。


パンジーちゃんのワックス原型は今日で完成。
完ぺきな出来!
これからキャストして、次回はシルバーの状態からスタートしてもらいます。





一方、ポピーのボタンを作っているポピーちゃんは、
形を探求しながら無駄なワックスを削ぎ落としています。
物が大きいし、ボタンなので
ここでしっかり落としておかないとね。


だいぶ形にメリハリがついてきました。



夜はパンジーちゃんお手製、
関西風のふっわふわのお好み焼きを頂き楽しい時間のしめくくり。

そしてポピーちゃんとスーパームーンを眺めながら帰りました。

May 5, 2012

5/5



父と旦那さんと横浜 山手へ



   





ゴールデンウィークと言えば
ブラスバンド部で鍵盤打楽器をやっていた私は、
毎年、地元横浜でパレードに参加していた。

重たいシロフォンをかついで
港町を3、4時間演奏しながら歩くので
衣装のマリンハットの中は汗でびっしょり。

なつかしいなぁ

5/4

うちの食器の大半はお父さんの作品なのだけど、
これはその中でも一番の働き者。


おうどん、


パスタ、生姜焼き、カレー、丼物、



炒飯、シチュー、煮付け
スープ、ポトフ、


ラーメン、炒め物、サラダ…


陶芸歴の長いお父さんに注文して作ってもらったこのお皿、
題して「365日の皿」!


和も洋も、お料理を美味しそうに見せてくれて、
オールマイティーなサイズ。
本当に万能な1枚。
(もちろんレンジもOK!)

一家に人数分
おすすめしたくなる食器、No.1!

ご注文があればゼヒ〜


おそろいの大きな平皿もあるのでした。

May 3, 2012

5/3


探していた、ちょっと珍しいニオイスミレの苗をPoka Poka Plantsさんで見つけた。 

丁度育ててみたいと思っていた野葡萄の幼苗も持っていたので
お願いすると、快く分けて下さった。

 ノブドウの実は色とりどりできれいだなと思っていたら、
それはムシコブで、虫の仕業なのだと知った。 
数ミリの小さな幼虫が寄生することで、実が大きくなり色も変わる。 

カラフルになった実を鳥が見つけ食べにくる。
虫が寄生しても発芽するノブドウの種はそうして繁殖するのだって。

May 1, 2012

5/1


神楽坂で出会ったふたり